【すし処 慎一】対馬民も通う、職人が握る本格握り寿司! 穴子の刺身は必食です! | 対馬市上対馬町

対馬は海に囲まれているので海産物が豊富です。
そして海産物が豊富といえば、やはりお寿司屋さんに行っておかねばならぬでしょう!

上県の海沿いにあるこちら【すし処 慎一】は新鮮なネタの握りずしを破格のお値段で食べられる素敵なお店なのです。

何故破格か……それはご主人のお兄さんが漁師をされているので、都度最良のネタを仕入れる事が出来るからなんですね。
因みにお隣は『島めし家 北斗』というお兄さん経営のご飯屋さんがあり、ご兄弟の信頼関係の良さが伺えます。

さて、メニューを拝見しましょう。

さすが対馬。
韓国の方も多く来島されるという事でハングル文字もありとても親切です。
一品料理も豊富で嬉しいですね。

初めてなので、大将にお勧めでとお願いしました。
運ばれてきたのはこちら!

左奥の天ぷらは赤甘鯛と穴子の天ぷらです。
対馬は穴子も有名。
もちろん天ぷらも美味しかったのですが、筆者イチオシは穴子のお刺身!

穴子ってお刺身で食べた事、ないかも。
見た目は白身魚のようなさっぱりとした印象があります。

ポン酢に付けて食べると……ムチムチとした結構な弾力、そして脂のノリが凄い。
これは新鮮な穴子が手に入る所じゃないと出せない逸品です。

【すし処 慎一】には家族で楽しめるテーブル席と一人でも落ち着いて食べられるカウンター席があります。
大将のお仕事を見ながらゆったりしていると、目の前に不思議な物があるのに気づきました。

ん?
カウンターの下から水が垂れている……?
設計ミスじゃないよな……と思っていると、大将が『お待たせしました』と一貫目の烏賊を出してくださいました。

烏賊~!
半透明の身がたまりませんね。
九州地方ならではの少しだけ甘みを感じるお醤油がまた合います。

続いて鮪。
鮪といっても子供の鮪だそうで、甘みが強く脂はさっぱり若々しいです。
手で食べてると、大将が『目の前の水で指を洗えますよ』と言われました。

あっ、なーるほどー!
フィンガーボウルならぬフィンガーフォールですね。
(完全に筆者の造語です)

続いては玉子。

厚みがあり、脂の旨味たっぷりの平政。

出して頂いた瞬間からもぐもぐ食べる筆者。
寿司屋の余韻を上品に堪能するなんて頭にありません。
続く海老・甘鯛を次々と口に入れていきます。

ハガツオも独特の臭みは一切なく甘みがあって、美味しい~。
そして一貫ずつなので、色々食べられるのが幸せです。
のどぐろは炙ってあったので香ばしさがあり、しめさばは締め具合が絶妙でふわりと柔らかく……。

聞けば海老以外は対馬で獲れたお魚だそうです。
地の物をこんなに味わえるのは嬉しい限りですよね。

そろそろお腹も満腹になってきたかな……という所で、大将が何かを炙り始めました。
まさかそれは……。

わーい、穴子だー!
対馬の穴子は身が厚く、ふわっとしていて柔らかいんです。
食べようとすると、大将がちょっと待ってと海苔を巻いてくださいました。

見てこの大きさ。
ぱりっとした海苔と、熱々の柔らか穴子の食感が最高です。
穴子良いよ、穴子……。

締めには優しいお味の茶わん蒸しまで頂いて、至福とはこのこと。
ビール、大将お勧めの美味しい日本酒も2合飲んで……

お会計は驚きの1万円以下。

こっ……このクオリティでこの価格とは……!

対馬を旅される方、こちらのお店は絶対、絶対お勧めです。
大将やお店の方が優しいので一人でも気楽にお寿司が食べられますよ!

【POINT】
地元の方にも人気なので予約がお勧め。

* すし処 慎一 *
Address:長崎県対馬市上対馬町古里13-3
Tel:0920-86-3749
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)/18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休
web site: https://www.sushi-shinichi.com/

【オススメの行き方】
やまねこ空港から車で一時間半(約66km)

◆こちらの記事は2020年11月の情報を元に作成されたものです◆