【和山海雲】もずくが練り込まれた麺が絶品!乾いた身体に染みわたる優しい味 | 島尻郡座間味村

暑い季節にはやはり南の国、昨今の情勢から考えてさすがにハワイとか外国は厳しいけれど、同じ日本国内の沖縄はとても魅力的ですよね。
ところで皆さんは沖縄といったら何処に行きますか? 石垣島? 宮古島?
でもそんなに日数取れないという方は、那覇の泊港から高速船で1時間の慶良間諸島に向かうのもアリです。
エメラルドブルーの透き通った海が広がるそこではダイビングやシュノーケリング、サップ、釣りなどのマリンアクティビティが存分に楽しめます。

動いた後はお腹がすくもの。
座間味島の港近くの集落には意外と何件もの食事処があるのですが今回はその一つである、そこでしか食べられないおいしいもずくそばのお店をご紹介します!

座間味島の港から歩いて3分の海沿いに建つこちらのお店は『和山海雲(わやまもずく)』。
元々もずく漁をしていたご主人の和山さんがオリジナルのもずく麺を作って始められた食事処です。

店内はオープンテラスとなっていて、海風が通り抜けるのが気持ちよく感じられる解放感のある造り。
肝心のメニューは、とてもシンプル!

もずくそばの温かいやつか冷たいかやつです 笑。
とはいえサイズ違いやサイドメニューもちょっとあって、食いしん坊さんも満足できるラインナップではあります。

温かいもずくそば(中)

通常もずくそばというと、麺の横にもずくが添えられているのが一般的なのですが、こちらのもずくそばは沖縄そばの中にもずくが練り込まれている珍しいタイプ。
もちろん地元座間味島産です。
しっかり噛み応えのある中太麵と優しい昆布やかつおの和風出汁が聞いたスープ、少し酸味のある紅ショウガが相まって遊んだ身体に染みわたる~。
暑い時に熱い食べ物もまたイイ。

こちらは冷たいもずくそば(中)。つけ麺になっています。
もずくが練り込まれたそばにON THE 生もずく。こちらもつるつる身体にすべりこんでいくおいしさ。
島唐辛子とかで味変するのもオススメです。
あと三枚肉ね。これもめっちゃ旨い。
温冷両方ともデフォルトで一枚入ってくるのですが、本当は沢山食べたい。
(※トッピングでできます)

そして筆者が和山海雲に来たら絶対に頼むサイドメニューがこちら!

なーまーもーずーくー。
温かいの頼んでも冷たいの頼んでも、このサイドメニューは外せない。
冷たいもずくそばの上にも生もずく乗ってるけど、それでも頼む。
もずく好きだから。

見てくださいなこのぷるぷる半透明感。
はあ……美しい。
甘めのだし汁に付けてつるると吸い込めば、身体が綺麗になっていく(気がします)。

気さくな笑顔のご主人、和山さんが作るもずく食品は他にも色々。


おやつに嬉しい『モズクチップス』、料理に多岐に使える『もずくだし塩』や『もずくふりかけ』等、そしてそばは乾麺タイプとして港のお土産コーナーで売っているので、座間味島の思い出として買っていくのもお勧めです。

はー、シンプルだけど毎日でも食べられるあの味……書いてたらまた食べたくなってしまいました。

* 和山海雲 *
Address:沖縄県島尻郡座間味村字座間味9
Tel:098-987-2069
営業時間:11:00-15:00
定休日:不定休
web site: http://www.wayamamozuku.jp/

【オススメの行き方】
座間味港から徒歩で3分(約200m)

◆こちらの記事は2021年5月の情報を元に作成されたものです◆