観光 | trieat

Tagged
並べ替え
【小茂田浜神社】文永11年対馬における蒙古襲来始まりの地! 勇猛に挑んだ武将達を祀る日| 対馬市厳原町

【小茂田浜神社】文永11年対馬における蒙古襲来始まりの地! 勇猛に挑んだ武将達を祀る日| 対馬市厳原町

長崎県の対馬は今はのんびりとした島ですが、その昔恐ろしい戦場と化した事は、歴史が好きな方ならご存じかもしれません。また、2020年の夏に発売され、世界的に人気となったPS4のゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』でも主人公が絶望に落とされる最初の地であるので、プレイされた方には記憶に新しいかとも思います。鎌倉時代の文永十一年...
【対馬】ゴースト・オブ・ツシマにハマった筆者がリアル対馬を体験してきたぞ! 対馬の魅力と心得をご紹介! | 対馬市

【対馬】ゴースト・オブ・ツシマにハマった筆者がリアル対馬を体験してきたぞ! 対馬の魅力と心得をご紹介! ...

時は2020年夏。誰しもがstay homeを余儀なくされていた時、心の支えとなるのは人それぞれとは思いますが……筆者はゲームでした。世界のSAMURAI好きを魅了したといっても過言ではないPS4のゲーム『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』。プレイされた方はわかると思いますが……クリアする頃...
【白嶽】リアル対馬の絶景! 山自体がご神体という霊峰は筆者史上一番危険度が高かった…… | 対馬市美津島町

【白嶽】リアル対馬の絶景! 山自体がご神体という霊峰は筆者史上一番危険度が高かった…… | 対馬市美津島...

長崎県は対馬に行くならここに登らないという選択はない。PS4のゲームソフト、『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』に見事にはまった筆者が、対馬に一週間旅行した中で最高の景色を拝めたのと最大の危険を体験したのがこの白嶽です。筆者の心の叫びのままに記事をしたためた(書き散らしたともいう)リアルな白...
【金田城】初対馬の洗礼! お城を見ようと軽い気持ちで登り始めた筆者に起こった事とは…… | 対馬市美津島町

【金田城】初対馬の洗礼! お城を見ようと軽い気持ちで登り始めた筆者に起こった事とは…… | 対馬市美津島...

金田城。読み方は『かねだじょう』そして『かなたのき』。そう、2020年夏に発売されたPS4の名作『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』にて下県(しもあがた)と上県(かみあがた)を繋ぐ重要な拠点としても登場したお城。対馬に来たら行っておかねばなるまいっ……! Ghost of Tsushimaに...
【Patagonia Bagual】野生の馬に会えるかも? 広大で割と過酷なハイキング | 南パタゴニア

【Patagonia Bagual】野生の馬に会えるかも? 広大で割と過酷なハイキング | 南パタゴニア

馬にも野生という概念があるなんて……恥ずかしながら、筆者はあまり深く考えてはいませんでした。調べるとどうやら日本にも半野生はいるようですが、チリの南パタゴニアの大自然の中で悠々自適に生きている野生馬に会える機会なんて滅多にないと思います。 こちらの【PATAGONIA BAGUAL】はそんな野生馬を見に行くハイキングを...
【トレスデルパイネ】合成!? いえいえ、本当の景色です! トレッカー憧れの絶景トレッキング! | 南パタゴニア

【トレスデルパイネ】合成!? いえいえ、本当の景色です! トレッカー憧れの絶景トレッキング! | 南パタ...

『前日までのやつに比べたら辛くないですよ!』これ、筆者がお願いした南米専門ガイドの本間さんのお言葉です。爽やかにそう口にし、但し、と付け加えました。『最後の岩山がちょっと厳しいかもしれませんね』 そんなわけでチリの南、トレッカー憧れの聖地のトレスデルパイネトレッキングに参加した筆者は拠点となるエコキャンプ(リンク先参照...
【ペリトモレノ氷河】世界自然遺産の中、氷上の優雅……ではないトレッキング! | 南パタゴニア

【ペリトモレノ氷河】世界自然遺産の中、氷上の優雅……ではないトレッキング! | 南パタゴニア

白鳥は舞いません。その代わり素晴らしい青を見れるアルゼンチンのこの人気ツアー【ペリトモレノ氷河】トレッキング。連日のようにフィッツロイやらセロトーレやらのトレッキングをしてきた筆者は、三日目にして氷河にチャレンジしてきました。アドレナリンが出ているのか体力ゲージは満タン(のような気がしている)……だぜ! 氷河トレッキン...
【セロトーレ】難攻不落の山の素顔! 氷河が浮かぶ湖の絶景 | 南パタゴニア

【セロトーレ】難攻不落の山の素顔! 氷河が浮かぶ湖の絶景 | 南パタゴニア

アルゼンチンの南パタゴニアにはセロトーレという切り立った山がそびえ立っています。尖塔のようなそこは、ヒマラヤよりも難攻不落と言う登山家がいるほどに天候の移り変わりが激しく登りづらい明峰。ほぼ毎日を事務椅子に座って過ごす事で出来た惰弱な身体を持つ筆者ですので、流石に登りこそはしませんでしたが、南米を巡る旅の中でセロトーレ...
【フィッツロイ】総消費およそ1,000kcalのトレッキング! 初挑戦の洗礼を受けてきた | 南パタゴニア

【フィッツロイ】総消費およそ1,000kcalのトレッキング! 初挑戦の洗礼を受けてきた | 南パタゴニ...

先に記しておきますが、こちらの記事は感情のままに書きなぐっているためお見苦しい表現をした部分が多々あります。心してお付き合いください。突然ですが、筆者は登山家でも山愛好家でもなんでもありません。運動が好きかと問われればNO。できれば楽して痩せたい、そんな人類のほとんどが持つ願望を詰め込んだ人間です。ただ、自然を満喫する...
【エル オンブ デ アレコ】アルゼンチンの田舎でのんびりと乗馬&お肉ランチ! | ブエノスアイレス

【エル オンブ デ アレコ】アルゼンチンの田舎でのんびりと乗馬&お肉ランチ! | ブエノスアイレス

正式な名はエスタンシア・エル・オンブ・デ・アレコ(Estancia El Ombú de Areco)。エスタンシアとは農園を意味しています。日本のほぼ真逆にあるアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから車で一時間半ほど行った所にある農園の体験がとても素敵でした! イギリスのマナーハウスのようにホテルとしても利用できるエス...