【コエドーナツ(koe donuts)】おいしさと可愛らしさにテンション上がる事間違いなし! のドーナツ | 京都市中京区

京都で甘い物を堪能したいと思ったらやっぱり、老舗で有名和菓子を……と、ちょっと待って!
もちろん老舗も良いけれど、すごく、すごーくお勧めのスイーツ店があるんです!

著名クリエイタープロデュースのインテリア

一見、セレクトショップ? と思ってしまうお洒落な外観のこちらはれっきとしたドーナツ店の『コエドーナツ(koe donuts)』!
錦市場を東に向かって歩いた先、錦天満宮から1分程南に進んだ角にある大きなガラス張りのお店がとても目立っています。

内装はとってもお洒落。中でも一番目を奪われるのは天井ではないでしょうか。
京都嵐山の竹が用いられた伝統的な六ツ目編みの竹かごがドーム状に飾られていて、店内にはその数なんと572個あるそうです。
また厨房との仕切りがないので、ゆったりとした広がりが生まれています。

『コエドーナツ(koe donuts)』 のインテリアは建築家 隈研吾さんを始めとされ、イラストレーター 長場雄さん、ブランディングディレクター/アートディレクターの川上シュンさんが手がけられたという事ですのでとてもお洒落な空間なのも納得ですね。

鮮やかなドーナツ達

並べられているドーナツはどれもカラフル。
筆者の目をまず惹いたのは、手前にあった『フィナンシェドーナツ 五色豆』です。

うはー、この見た目……可愛い!
見ているだけでテンションがあがるスイーツって幸せになれます。

他にも珍しい味がありますよ。
赤紫蘇のクルーラーやチョコクランブル……。

ピスタチオのドーナツも!

シンプルなシュガークルーラーもあります。
これも絶対おいしい……。

看板にある『ドーナツメルト』も気になるところですが、今回はドーナツだけにしようかな。
お店の奥にはゆっくりと座れるソファ席があるので友達や家族、恋人ともゆっくりできそう。

『コエドーナツ(koe donuts)』のドーナツの食べ方は、ちょっと珍しいナイフ&フォークスタイルで。
これならいつもは秒で食べきっちゃう私も、おしとやかに食べられるかな……?

気になるお味は

『フィナンシェドーナツ五色豆』はフィナンシェというだけあって超しっとりとした生地に鶯豆、金時豆、黒豆等色々なお豆の甘さが堪らない逸品。
時折自分的に好みの豆の味にヒットし、同行者と『今、超おいしい豆あった……』と語りあってしまいました 笑。

そしてもう一つの『みたらしドーナツ』は、ドーナツクルーラーにみたらし味のグレーズがかけてある確実においしいやつ。
噛むとじゅわっと……じゅわっと……!!

とにかく美味しい……美味しかった……!

見た目が可愛いだけでなくあまりの美味しさにちょっと語彙力がなくなってしまいましたが、心の底からお勧めできる味のドーナツが勢ぞろいしております。

「オーガニック」「天然由来」「地産地消」といった3つのキーワードで食材を選んでドーナツを開発しているという『コエドーナツ(koe donuts)』。

お土産としてもとても喜ばれるスイーツになること、間違いなしです!

【POINT】
お土産用に複数個買わなかった事、筆者後悔しております。

* koe donuts *
Address: 京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町557  
Tel: 075-748-1162  
営業時間
8:00 – 20:00
定休日:無 
駐車場:無
web site:  https://donuts.koe.com/

【オススメの行き方】
阪急京都線『河原町』駅から徒歩1分(約99m)

◆こちらの記事は2019年7月の情報を元に作成されたものです◆