【長久酒場】日本三大酒場の一つ! 気持ちよく酔える大衆居酒屋! | 西牟婁郡白浜町

南紀白浜に泊まるなら!
宿やホテルのおいしい夕飯も良いですが!

是非こちらの酒場に行って欲しいんですううう!!!

……すみません、叫びが過ぎましたかね。
こちらは『長久酒場』さんです。

先代女将より50年間も地元の方に愛される『長久酒場』。
居酒屋探訪家の太田和彦氏によって「日本三大酒場」の一つに選ばれたという、酒飲みなら一度は行ってみたい酒場なのです。

店内はカウンター10席と1階に小上がりが2席(6名)2階のお座敷には20名が入れるようになっています。
この日は調理場が見えるカウンターでゆっくりお酒とおつまみを嗜むことにしました。
それにしても垣間見えるボトルキープの本数……。すご……。

季節や日によって取り扱い材料が変わるため、メニューは黒板かこのように付箋で表示してあることが多いそうです。
この日はお勧めの『ナガレコ』と『生マグロ』を注文。

ナガレコって何だろうと思っていたら貝だったんですね。
通称はトコブシだそうです。
つるんとした舌触りに歯ごたえはコリコリしていて、アワビに近い触感かな? 少し潮の苦みがあります。(私は好きでした)
マグロも身が厚くて食べ応えがありそう。

続いて『生タコ』と『くじらのウデモノ』。
ウデモノとは内臓の湯引きの事だそうです。

ふふふ、こういう珍味は日本酒と併せるのがいーよねっ。

ウデモノはモツ特有の深みある旨味はあるものの、ポン酢で和えてあるからか結構さっぱりとしています。
日本酒を口に含むとふわ~っと甘みが漂う……至福~。

こちらは早めに頼まないと売切れ必須というおでん。
わー、注文します注文します!

ふぅ~、間に合ったぁ。
見てくださいよ、このビジュアル!
おでんですよ!

だしはあっさり、大根はお汁が染み染み、スジは柔らかくて脂が甘くて……最高~!!
こんにゃくもまた、ぷりっぷりに柔らかかったです!

そして忘れてはいけないのは、このお店の名物……『ウツボ』の焼き物です!
ウツボって、そうあのウツボですよ。
顔がこわーいウツボです。あれを焼いて食べちゃうんです。

身の方から焼いて……。

皮がパリッと乾いてきたらひっくり返して焦げ目がつくまでしっかり火を通します。

脂をじゅわっと滴らせつつ、砂糖醤油に付けて口へ運べば……噛み応えある肉厚の身の旨さが広がります!
うーん、ウツボの旨さ……恐るべし……。

おいしいお酒と地元の食材が堪能できる『長久酒場』。
訪問する度に新しい味の出会いが出来て、幸せになれること間違いなしの酒場です!

【POINT】
気持ちよく酔いすぎて近くの浜辺で踊らないようにご注意ください。
(※筆者初訪問時の黒歴史)

* 長久酒場 *
Address:和歌山県西牟婁郡白浜町3079-6  
Tel:0739-42-2486
営業時間
16:00-23:00
定休日:木 
web site:  https://chokyuu.com/

【オススメの行き方】
南紀白浜空港より車で5分(約3km)

◆こちらの記事は2019年7月の情報を元に作成されたものです◆