【小布施堂本店】期間限定の美しき栗菓子『朱雀』はモンブランではない……! | 長野県小布施町

そう、これはモンブランとは言わないのでしょう。
提供している長野の小布施堂は「栗の点心 朱雀」との表記しています。
なるほど、栗の点心……。

とにかく数年前からずっと狙っていた『朱雀』は筆者憧れの栗スイーツでした。
但し秋の一定の期間のみの取り扱いなので、なかなかタイミングが難しかったのですが……今回は運良く時間が取れたので行ってきた次第です!

朝6時の時点で200人を超える列も出来る時があると前情報で学んでいたので、前日にお店(本来は年中営業している和菓子屋さんです)をチェックして並び方を確認。
なるほど、どうやら『栗の点心朱雀』と『モンブラン朱雀』があるらしい。
狙いは 『栗の点心朱雀』なので、本店の朱雀受付口に並べばいいのね。

絶対に食べたかったので、翌朝は5時にお店の前でスタンバイをしたぞ~。

並んだ甲斐あってなんと一番の整理券を入手! やったああ~!
ついでに『モンブラン朱雀』の整理券も入手 笑。
いや、せっかくだから食べたいじゃない?

カフェの中はシックで和洋折衷の雰囲気がありました。
着席して待っていると朱雀が運ばれてきましたー!

うっ……美しい~!!
真上から見ても斜め上から見ても栗のペーストの細さ、流れる佇まいが美しい~!
しかも大きさも結構あります。直径もさることながら、高さがこんもり。

お箸でそうっとペーストを持ち上げて口へ運んでみました。

なるほど! 甘くない!

いえ、いいんです。それも事前情報で知っていました。
でも逆に知っていたからこそ……むしろ『栗の甘さ』が思ったよりも感じられたのに驚きました。
だから甘くないは嘘ですね、砂糖の甘さはありませんが『甘い』です。
しっとりしみじみとした糸のようなペーストは一本ずつずっと食べていたい……。

砂糖の甘さが感じられるのは中心部にある栗の餡です。
この餡と周りの線状のペーストを一緒に食べ進める事でさらに美味しさが奏でられるのです。
結構ボリュームがあるので一個食べると充分満足が出来ます。

こちらは別館にある『モンブラン朱雀』。
パティスリー等にあるモンブランと同じく周りのペーストも甘く、中にクリームが入っているケーキになっています。
もちろんこちらもとっても美味しい! 子供はこっちの方が好きかもしれませんね。

本店の裏では焼き栗も販売されていました。

あっつあつの焼き栗はほくほくしていて甘くて美味しい!
お土産にも良さそうです。

一年に一時期だけ、新栗で作られる小布施堂本店の『栗の点心朱雀』。
ああ、やっと食べられたよ。嬉しい~!

【POINT】
『栗の点心朱雀』は確かに大きいけれど、一人一個食べた後に『モンブラン朱雀』を食すことなど……造作もない事よ。

* 小布施堂本店 *
Address: 長野県上高井郡小布施町808
Tel: 026-247-2027  
営業時間
9:00-17:00 
定休日:無し 
駐車場:有
web site: https://obusedo.com/ (オンラインショップ有)

【オススメの行き方】
車…… 上信越道 須坂長野東ICから15分又は信州中野ICから7分。
電車……長野電鉄線 『小布施駅 』より徒歩10分(約650m)。

◆こちらの記事は2019年10月の情報を元に作成されたものです◆