【ミケルコーヒー(Mikel coffee)】大注目の若きコーヒーチェーン! 世界へ進出拡大しているギリシャブランド| 各地

ギリシャの市街を歩いていると時折目にするこちらのおじさん。
実はギリシャでは有名なロゴなんです。

このロゴを掲げているこちらは若者を中心に人気が高まっているというカフェの『ミケルコーヒー』。
2008年にギリシャのラリサという地域で立ち上げられたまだ歴史が若いチェーン店です。
しかし十年少しで驚きのハイスピード成長を遂げ、今や世界十か国に百九十店以上を展開しており、その勢いは某ス●ーバッ●ス以上かも? と噂されているとか。

店内は明るくお洒落な雰囲気です。
メニューを見るとコーヒー、紅茶はもちろんジュース系もありショーケースには美味しそうなペストリーが並んでいます。
大きさもよく外国で見る『こんなの絶対食べきれない……』といったようなボリュームサイズではないので安心です。

ドリンクのサイズも一目でわかるようになっていて親切です。
筆者はカプチーノの12oz.をオーダーしました。
出来上がりを待つその間にカウンター脇にある雑貨コーナーをチェックしちゃおう。

ミケルマーケットと名付けられたコーナーにあるのはコーヒーや紅茶、お菓子やマグカップでした。
日本へのお土産としても良さそう。
特にギリシャ独自の淹れ方で飲む『Greek Coffee』は量も沢山入っているわけではないので珍しい物が好きな方にはお勧めです。

あとこのチョコレート!

日本に帰ってきてから食べたのですが、何故買い溜めしておかなかったのかと後悔するレベルの美味しさです。
柔らかめのミルクチョコレートと塩気がじんわり滑らかに甘く、キャラメルの香ばしさが際立つ……。
ソルト&キャラメルなんておいしいに決まってたじゃん……わかるでしょ過去の自分……。
なんで……本当になんでもっとっっ……。

後悔先に立たずとはよく言ったものだ。

イートインではゆったりとした店内でくつろぎながらカフェタイムを過ごすことも可能です。
インテリアも結構面白いなぁと筆者は感じました。

外に出てふと見ればデリバリー用の社用車が……!
コーヒーチェーンがこんなサービスまでしてくれるなんて素晴らしくないかい?

ところで筆者が頼んだカプチーノですが、オーダーの時に『砂糖は無しにしますか?』と聞いてくれるのがとても嬉しい!
日本で知らないカフェで頼む時もそうですが、外国だと特に最初から甘いんじゃないか……とドキドキしてしまうのです。
カップもカラフルで可愛いですね。

外国で味が間違いないコーヒー店を探すのは難しいけれど、ミケルコーヒーは自信を持ってお勧めできるカフェとなっています。
今回はコーヒーだけをテイクアウトしたのですが、パンやスイーツも食べてみたい!
日本にも来てくれたらいいなぁと願わずにはいられません。

【POINT】
まじチョコレートは買って。

【旅行日程】
ギリシャ旅行日程はこちら

* Mikel The Coffee Company *
(※以下は記事内カランバカ店情報)
Address: Trikalon 25, Kalampaka 422 00 Greece
Tel:+30 24 3202 0043
営業時間
月~土 : 06:00~23:00
日 : 07:00~23:00
web site: https://www.mikelcoffee.com/el/home
※その他ギリシャ国内及び国外に展開中。
詳しくは公式サイトをご確認ください。