【ノコスアレタージュ】営業日は平均週三! 隠れ家のような名古屋カフェ。| 名古屋市中村区

元はイベント販売から始まったスイーツが評判を呼び、名古屋の一角で2015年に実店舗としてOPENしたカフェ。
カフェがある建物には大体的な看板も無く開店前はシャッターが閉まっているので、もしかしたら通り過ぎてしまう人も多いかもしれません。

そうはいっても流石の美味しさを持つスイーツは口コミで人気がかなり広がり、11時の開店にも関わらず2時間以上前からお客さんは並び始めます。

店舗がある建物の前にはこんなバインダーが置かれるほど。
住宅地でもあるのでマナーが必要とされますが、皆さん静かに待っています。
ノコスアレタージュ(nokos à l’étage)の客層が伺える部分の一つですね。

開店したら階段を上がり、店舗のある上階へ通してくれます。
以前は予約を取っていたそうですが、2019年11月現在は並んだ順番にテーブル席に案内し、満席になった場合には氏名や電話番号を記入の上で店外で待ってもらうようです。

照明が控えられた店内。
ショーケースの中には決して派手ではない、でもどこか優しさを感じるスイーツがぎっしり並んでいます。

壁の棚には焼き菓子が数個置いてありました。
なくなり次第終了のようなので、席に着く前に確保をお勧めします。
個数制限はないようですが、そこは空気を読みましょう 笑。

こちらがメニュー表です。
季節によって変わるスイーツは、どれも美味しそうで迷ってしまいます。
ひとまず一番上にあったミルクレープとミルクレープショコラをオーダーしました。

大き目にカットされたフルーツがたっぷり挟まれたミルクレープ。
フォークを入れて口に運ぶとしゃっきり瑞々しいフルーツの食感を感じられます。
あと、クリームがなんかおいしいんです。

なんか……なんといえばいいかわからないけど、おいしい。

ショコラの方は生地が少しビターで、クリームにはラム酒が入っているという事でしたが、それはあまり感じられませんでした。
挟まっているイチジクが美味しい~。

スイーツは一人何個と決まっているわけではないので、続けてもう二品お願いしました。
栗のスープです。

この栗のスープ……。季節メニューだとは思いますが、あったら絶対に食べてください!
栗は丁寧に濾されていますが、ほんの少しだけ食感が残っていてそれがまた『食べている』感じを生み出しています。
そして中に埋もれているのは冷たいカスタードアイスのカタラーナ……キャラメリゼ部分と相まってとにかくおいしい。
そして上に乗っていた細かいパリパリは何かわからないけれどおいしい。(何だったんだろう……)

最後は次郎柿のロールケーキを。
ふんわりしたスポンジと優しい柿、クリームの甘さがほっとさせてくれます。

ノコスアレタージュはスイーツの数はそこまで沢山の用意はされてないため売切れ次第営業は終了となります。
テイクアウトもできますが、数が多かった場合にはカフェ待ち分のスイーツが無くなる事もあり、その場合にも営業終了となるそうです。

人気店ならではの悩みですね……。

【POINT】
営業日は約2週間前から公式ウェブサイトで発表です。

* nokos à l’étage *
Address: 愛知県名古屋市中村区名駅5-10-7 花車ビル1F
Tel: 052-581-7550
営業時間
11:00~ (売り切れ次第終了)
定休日: 不定休 (詳しくは公式ウェブサイトの営業日カレンダーをご確認ください)
web site:  http://nokos.jp/
※ 店内カフェ利用は中学生以上 4名まで。ドリンクオーダーが必須となります。
※※予約不可(2019年11月現在)当日店舗前に並んでいる順に6テーブル分の席を開店となる11時に通してくれます。

【オススメの行き方】
・ 名古屋駅より徒歩10分
・『国際センター駅』3番出口より徒歩3分(約200m)

◆こちらの記事は2019年11月の情報を元に作成されたものです◆