【オハコルテ】直径7cmの幸せ! 瑞々しいフルーツタルトを召し上がれ|沖縄4店

皆様。突然ですが、沖縄のお土産といったら何を思い浮かべますか?
ちんすこう? 紅芋のタルト?
もちろんそれらもおいしいのですが……私は声を大にして言いたい!

オハコルテの! 「旅するタルトサンド」が絶品なのだああ~!!

え? 知らないですって?
なんて勿体ない! これです、これ!

可愛い鳥の青いパッケージ。固めのさっくりタルト生地に滑らかなクリームとドライフルーツの甘みが堪らないこのスイーツ。
持って帰っても皆、おいしいけど知らなかったと言うの。。。
こんなにおいしいのに何故沖縄の定番お土産にならないのだっ。
筆者は前々からそう思っていました。そう、那覇空港で出会ったその日から……。

しかしいつもタルトサンドは買うけれど、一緒に売っているおいしそうなフルーツタルトは持って帰るのを躊躇してしまう。できればカフェで食べたい! と常々思っていたのですが……今回念願の店舗にお邪魔する事が出来ました!

4店舗あるうち那覇空港から一番近くカフェ併設の小禄店は、ゆいレール『赤嶺』駅から歩く事約4分。シンボルのブルーグレーの看板と鳥があしらわれたお店が見えてきましたよ。
やったぁ! お邪魔しまああす!

こじんまりとした店内は、統一されたテイストで作られていてどこかほっこりします。
ガラスケースに並ぶフルーツタルト。これが今回のお目当てですぞー!

わー! 可愛い! わー! おいしそう! わー! 綺麗!
と、心で叫びながら(口に出したらお店の方が引いちゃいますからね)じっくり眺めて選びます。
パインも良いけれど、他のフルーツのタルトも食べたいよね。

ああ、最初から二つ選ぶ気でいますが、何か。

木の曲線と風合いが感じられる温かみのあるテーブルで、お待ちかねのスイーツタイム!

悩んだ末に私は『ヒラミーレモンの焼きタルト 』『 季節のいろいろフルーツのタルト 』にしました。
因みに奥に見えるのは『アララガマ農園のピーチパインのタルト』と『旅するタルトサンド』です。

タルトとフルーツのバランスが一番楽しめるというこだわりのサイズは直径7cm。
フォークを入れるとさくっと割れて沖縄本島北部で収穫されたというヒラミーレモン(シークヮーサー)の香りが広がります。
ざくざくのタルト生地と甘酸っぱいクリームが口の中で融合するのがなんともいえません。

フルーツのタルトは甘すぎないカスタードクリームにフルーツのジューシーさが際立ちます。
先程のヒラミーレモンのタルトより少し固めなのかな? と思ってお伺いすると、上に載せるフルーツによってタルト生地の配合や焼く回数を変えているとか。
おいしさの追求に余念がないのは、やはり名店の証です!

本店である港川店が外人住宅地にあり、ハウスナンバーが『18』だったこと。そして得意なものを披露する、届けるという意味の『オハコ』+タルト(tarte)を組み合わせて作られた『オハコルテ』。
毎月18日の『オハコの日』には旬のフルーツが乗ったタルトや、新作のタルトが登場するそうですよ。

タルトサンドも本当に絶品。
沖縄の絶対喜ばれるお土産としても、是非是非買ってみてくださいね!

【POINT】
知らない人は損してる(断言)

*oHacorte *(小禄店)
Address:沖縄県那覇市赤嶺1丁目4-1  
Tel:098-851-3215  
営業時間
11:00-20:00
定休日:無
駐車場有(5台)
web site: https://ohacorte.com/ (オンラインショップ有)
※こちらは小禄店の情報です。
他に港川店、泉崎店(ベーカリー併設)、那覇空港店があります。
詳しくはウェブサイトをご確認ください。

【オススメの行き方】
ゆいレール『赤嶺』駅から徒歩4分(約300m)

◆こちらの記事は2019年5月の情報を元に作成されたものです◆